479

「俺、長生きしないかも。たぶん、あと数年で死ぬと思う」
「私も、長生きしないかも。美人薄命で、来年死ぬかもしれない」

互いに、自分の余命を語りあいながら、晩ご飯を食べていた昨夜。
なぜゆえ、こんな会話をしているのでしょう、私たち夫婦。

たぶんですね。
「もうすぐ死ぬかもしれないから、優しくしてね、大事にしてね」
という願望、深層心理が隠れているのかもしれません。
恐ろしいです。夫婦そろって、「死ぬ死ぬ詐欺」です。

寿命とれんこんって、ほんと、なんの関係もありませんが。
今日のレシピは、れんこんのグリル。

トマトのグリルに引き続き、申し訳ないほど簡単です。
皮をむいて、乗っけておくだけ。でも、絶妙に美味しい!


【れんこんのグリル・バター醤油風味】


材料(2人分)

レンコン
パセリ
バター
醤油

作り方

1. れんこんの皮をむいて、約1㎝の輪切りにする。
2. パセリのみじんぎりを作っておく
3. グリラーの目盛り5で、約15分、表面がこんがりするまで焼く
4. 仕上げに、バターとパセリをのせて、醤油をたらす


474

れんこんって、私の中では、どこか脇役のイメージがあります。
れんこんステーキという食べ方もありますが、メインデッシュにするには、
なんとなく物足りない感じ。

でも、卓上グリルだと、お肉だとか魚だとか、メインを焼いている横で、
しっかりサブの役割を果たしてくれます。

シャキっとした食感。バターと醤油がよくあって、名脇役です。